お知らせ



【今週末の村のバザール営業情報】
12月15日(土)は営業しております。
12月16日(日)は撮影がはいってしまったため、おやすみです。あしからず。

柿をたくさんもらったので、今週末は柿を使った料理を作ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段は撮影スタジオとして使われている、
浅草の昭和初期の建物ライオンビルディングに
週末だけ出現するカフェ『村のバザール』。
2012年11月3日にオーブンしました。
          ♢
旅好きな店主が旅先で出会った仲間やモノつくり人、
そして音楽、食を愛する人たちを巻き込んで
ワクワクするようなことを毎週やっていけたらと思っています。
          ♢
第1土日はライブやフリマ、モノつくり人による出店
などちょっとにぎやかに、
そのほかの土日はのんびりとカフェを開けております。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※営業日について※
第2~4日土日は撮影が優先のため、
急にお休みになることがあります。営業情報は随時フェイスブック
『村のバザール』(http://www.facebook.com/muranobazar
にて知らせ致します。
お店情報が欲しい、という方はぜひメインページの
「いいね」ボタンを押してください。
会場となるライオンビルのHP
https://www.another-day.co.jp/book_cafe/event/)でも
情報をアップしていきますのでそちらをご覧下さい。

【今後の営業予定】
12月→15日(土)営業、16日(日)休み
    22日(土)未定、23日 (日) 未定、24日(月・祝)未定

村のバザール
〒111-0034
台東区雷門2-11-10ライオンビル
12:00~20:00
090-6511-0980



【今週末の村のバザール営業情報】9日(日)は
撮影がはいってしまったため、おやすみです。
8日(土)は12時から20時まで営業しておりますので、遊びにきてください。

上の写真は日曜日に2階でやっていた料理教室のみなさんからのおすそわけ。
いちごやキウイ、リンゴ、そしてシャンパン(!)が入った豪華フルーツポンチです。
お料理上手な友達の呼びかけで始まった料理サークルで、
今回はクリスマスパーティー料理をテーマにチキンの丸焼き
サラダ、ロールケーキを作っていました。
ちらっと覗いたけど、とてもおいしそうでした。


「村のバザール」OPEN記念パーティーにあわせてtoiちゃんが看板をつくってくれました。
バセルバジョンのメンバーでギター職人のトヨくん邸で
トヨくんと峻くんが電動ノコギリを駆使して木を切り、
toiちゃんが色を塗り、こんなすてきな看板にしあげてくれました。
スノーボードにもなるそうです。

お店の顔ともなる看板。
こんなすてきな看板掲げてみなさまをお迎えできるのがとてもうれしいです。
(写真は「ぽ」のりよちゃんからお借りしました)


そしてもうひとつ、パーティー当日に「植物」と品名に書かれた小包が届きました。
台所で「なんだろ、なんだろ」とお菓子屋「sampo」のまーちゃんとわくわくしながら、
持っていた包丁でガムテープを切り離し、中を覗きこみました。
でてきたのは大好きな多肉植物をアレンジしたお手製の看板でした。

送り主のひでさんは、栃木・日光の山奥でひっそり山小屋カフェ
「清流園」を営んでいる友人です。
おっとりとして寡黙だけどユーモアがあってすごく魅力的な人です。
今年の夏に仲間たちとヨガ合宿にいき、そばの川で泳いだり、
バーベキューをしたり、ヒデさんの山小屋に泊まって夏を大満喫しました。
なんでも作ってしまうヒデさんは、かき氷機までお手製で、
川でたくさん泳いだあとに自分で削ってたべたかき氷のおいしかったこと、
おいしかったこと。看板をみていて、かき氷の味までよみがえってきました。

日光の山の方だから、もうすっかり冬がきていることでしょう。
春には2倍に大きくなった多肉植物の看板を持って遊びにいきたいです。


11月3日にカフェ「村のバザール」を浅草ではじめてちょうど1ヶ月が経ちました。
週末だけの営業なので、
よくよく考えてみるとまだ10日も店を開けていないのですが、
お店を開く度に、びっくり箱のように毎回楽しい出会いに溢れていて、
こんなに毎日が楽しくっていいのかな、と時折ほっぺをつねってみています。


ちょうど(でもないけど)、
お店の準備のために前職の花屋をやめたのが1ヶ月半前のことです。
花屋は人不足で1ヶ月延長して仕事を続けていたもののそろそろ
お店のオープンも迫っているし準備もあるので、
となんとか理由をつけてやめた訳ですが、
やめたらやめたですっかり気分は解放されてしまいました。

「あれ、オープンまで2週間もあるじゃん、ラッキー」。

気が大きくなって、やめた翌々日にはかねてから
行きたかったメキシコにひとっ飛びしていました。
そして2週間の弾丸旅行から帰ってきた2日後にオープン。
全くもっていきあたりばったりの日々です。
口よりまず行動が先にでてしまうタイプで、
それでよく周りに迷惑をかけているようです。

というわけで開店の告知もフェイスブックでしたくらいで、
友達にもちゃんと開店のお知らせをしていなかったことに開店後、
気がつきました。
開店1ヶ月後にしてようやく
「村のバザールOPENお祝いパーティー&バセルバジョンライブ」
という形でご報告をさせていただいた次第です。
開店一ヶ月にしてようやく
当日はみんなの告知の協力もあって、
ほんと沢山の方にきていただき、喜びと感謝でいっぱいです。


お昼にリハーサルを兼ねてバセルバジョンが一曲披露したのですが、
それをたまたまお茶をしに来たおじちゃんとおばちゃん3人組が聞いていて、
帰り際、「彼らなんてバンド? すごくよかったよー」といってくれました。

夜は夜で先週きてくれたご近所さんが、
わざわざパーティーだからといって黒のブラウスに
真珠のネックレスでおめかししてきてくださいました。
最後に演奏した『生活の唄』を聞いて、「みんながあの唄を知ってるなんて感激。
まさに私たちの青春時代の唄なのよ。あのころの光景がフラッシュバックしたわ」
とライブ終了後に興奮気味に話してくれたのが印象に残っています。

世の中にはいろんな人がいて、いろんな考えを持った人がいます。
「村のバザール」は老若男女が集まっていろんなことを共有できる、
そして刺激し合える出会いの場所になったらなーと思っています。

綴じ本、お茶、編み物のワークショップをやりたい、と
いう方やパン屋さんとして出店したいという子など
続々と面白そうな話も頂いています。

来年から月初めのイベントも頑張ってやっていきたいと思っています。


村の三人娘

【お礼を】
今回、DMのデザインからイベントの企画まで何から何まで
いろいろ相談に乗ってくれたtoiちゃん、ホントにありがとう。
そして、"これから面白いこと、どんどん村のバザールでやっていこうよ"
と言ってくれたバセルバジョンの峻くん、三ちゃん、とよくん、そうたくん。
彼らの音楽が創りだす世界観にいつも引き込まれています。

そしてとびきり美味しいお菓子でまわりの人を幸せにしてくれる
「粉もの屋sampo」のまーちゃん、いつも頼りにしている「TUNAGU SOAP」
のchioriちゃん、メキシコの日々を思い起こさせてくれる素朴で
おいしいメキシカンタコス屋さん「カランコロン」のまさみつくん。

わー、お礼をいいだすと書ききれないけど、
せっかくだからみんなの名前を出しちゃおう。
当日お手伝いしてくれた裕美ちゃん、しほちゃん、うっちー、
そして一緒にイベントを盛り上げてくれたマカロニドリッパーのたかしさん、
飛び入り参加してくれた旅する唄うたい清火くん、
こちらも突然の呼びかけにも関わらず素敵な歌声を聴かせてくれた菜七子ちゃん、
「ぽ」のりよちゃん、「アクア」の千穂子ちゃん、
「モリンガ」のゆかりちゃん、音大生のみんな、
当日こられなかったけどいつも陰ながら応援してくれてる
高円寺「ぽれやぁれ」のマスターあびこさん&えまちゃん
みんなありがとうございました。

一人じゃなにもできないけれど、みんなが集まるとすごいなと実感してます。
これからもよろしくお願い致します。


トマトとじゃがいものチキンカレー

【パーティーごはん】
相変わらずハプニング続出で、
イベント当日はお昼から開店するのでのんびりカレーでも
作って夜のライブに備えよう、なんて悠長に構えていたのですが、
お昼に予想外に子連れの友達や近所の人が遊びに来てくれて、
準備していたカレーの大鍋二つがすっからかんになってしまいました。
その様子を見かねたライブ出演者のバセルバジョンもウェイターを
買って出てくれたり、皿洗いをしてくれたり、買い出しをしてきてくれたり、
ゲストとは思えない働きっぷり助けられました。
カレーは一から仕込み直して何とか夜には間に合いました。

カボチャプリンとスコーン


4色カナッペ(柿のコンポート×チーズ、里芋ピーナツクリーム、
アボカド味噌、トマト×モッツァレラ)


「粉もの屋sampo」のアボカドとラディッシュのキッシュ

【ライブ】

菜七子ちゃん×バセルバジョン

ライブの様子は、カメラマンのyusukeくんがブログで
素敵なコメントをしているのでぜひ彼のHP
を覗いてみてください。
http://photolog.yusuke-sato.com/?eid=1650


児玉峻


清火くん×バセルバジョン


音大生×バセルバジョン



開店のごあいさつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浅草は雷門から歩いて数分の場所に、
普段は撮影スタジオとして使われている、
昭和初期の3階建ての建物、
浅草ライオンビルディングがあります。

そんな歴史ある建物をまるごとお借りして、
週末にだけ出現するカフェ「村のバザール」をはじめました。
ひとりじゃ手に負えない広いスペース。
旅好きな店主ナナコと、旅するもの作り屋toiことトモミ
(今回のチラシのデザインもやってくれてます!)が、
旅人やもの作り人、音楽や食を愛する人を巻き込んで
いろんなことをやっていきたいなと企んでいます。

11月3日にオープンし、まだほんの数回しか開けてませんが、
すでにおもしろいことがここから生まれそうな予感がしています。

12月1日にささやかなオープン記念のパーティー
&これから一緒に「村のバザール」を盛り上げていってくれる
バセルバジョンのライブを行います。
バセルバジョン・・
カホンにタブラにギター、コラなどを使いこなすJAMバンド。
ボーカリストとのコラボや様々な場所で、多彩な活動を行っている。
変拍子もサラリと乗りこなす音遊びの達人集団。
どうぞお友達を誘って、遊びにきてください。どなたでも参加出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『村のバザール OPENお祝いパーティー』
2012年12月1日(土)
カフェopen12:00(通常営業)


パーティーopen18:00/ライブスタート19:00~
door :1500yen 乾杯ドリンク1杯付き
live :バセルバジョン/オープニングアクト:児玉峻

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1nd floor

【もの作り作家さんの出店(12:00~)】
ガラスビースアクセサリー『そのこ』
レザー小物『toi』
羊毛フェルト『ぽ』
フラワーリース『八ノ花』
石けん『tunagu soap』


【パーティーごはん】
メキシカンタコス『Taqueriaカランコロン』


村のバザールの住人たちのおいしいご飯と飲み物

*コーヒードリップの名人、マカロニドリッパーこと、
たかしさんが限定で美味しいコーヒーを入れに来てくださいます!お楽しみに。

2nd floor

【フリマ】
2階でフリマを開催します。
当日の出店者を募集(出店料1,000円)してます。

3nd floor

【ワークショップ】
ミニレッスン『美しい姿勢を作ろう』
14時、15時~、各30分,お茶付き800円
簡単なエクササイズをしながら美しい姿勢を保つコツを教えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カフェ「村のバザール」は、
浅草のライオンビルに週末だけ出現するカフェです。
毎月第1土日はライブやフリマ、モノつくり人による
出店などちょっとにぎやかに、そのほかの土日はのんびりとカフェを開けております。
※第2~4日土日は撮影が優先のため、急にお休みになることがあります。
フェイスブック『村のバザール』
「いいね」ボタンを押していただくと営業情報が見られます。
ブログ『かんずり仕込み中』でも随時お知らせ致します。

***********************
カフェ『村のバザール』
〒111-0034東京都台東区雷門2-11-10 ライオンビル
(地下鉄浅草駅A4出口から徒歩3分)
12:00~20:00
(※イベント時は営業時間が異なります)
090-6511-0980(ななこ)
********************