あの時はこうだったアルバム

ライオンビルとしての再生

07/06/01 (Fri)
lion-renew.jpg

DSCF0149mmmm.jpg

このビルはなんだろうと気になって立ち寄ったのは2006年の暮れ、
ビルの1階では正月のしめ飾りを作っている人たちがいた。
その棟梁に持ち主を教えていただき、貸してほしいと交渉を重ね
ました。それから、今に至るまでの話です。



anotoki01-kkk.jpg   anotoki02-kkk.jpg

anotoki03-kkk.jpg   anotoki04-kkk.jpg

ビルの内部は何の脈略もない改装の上重ねをされ、時間と空気は止まってしまっていた。


anotoki00-s(C).jpg

そんなことも踊り場のライオンは見続けていた。
後に、ライオンビルという名前になる由来のレリーフです。


anotoki05-s.jpg

anotoki08-2-s.jpg

2007年6月にようやく貸していただけることになり、工事が始まる。
まずは、建てられた頃の姿に戻すことから。


anotoki06-s(C).jpg

anotoki07-s(C).jpg

こんなに瓦礫が。


anotoki08-3-s.jpg anotoki09-s.jpg

同時進行で床材選び。地下の倉庫からは照明機器が発見されました。というより、
救出されました。


anotoki08-s(C)s.jpg anotoki10-2-s(C)s.jpg

毎日毎日作業は続きます。 壁の中からは金庫の扉が出てきたり、、、


anotoki10-ss.jpg anotoki12-3-s(C)s.jpg

壁の色を決める試し塗り、何度も試され今の色が決まりました。
床材は北海道の広葉樹、ミズナラを選び、床材が届きました。


anotoki14-5-ss.jpg anotoki13-s.sjpg

大工さんが来て床張りがはじまります。
照明の器具を直し、色を塗ります。


anotoki11-ss.jpg anotoki12-s(C)s.jpg

2階では職人さんが壁塗り、1階では大工さんが床張り。
終わったら入れ替わっての作業です。


anotoki12-4-ss.jpg anotoki14-ss.jpg

澱んでいた空気が動き始めます。止まっていた時間が流れ始めます。


anotoki15-s(C)s.jpg

広尾にある "エモンフォトギャラリー" の協力で、
ライオンビルのこけら落とし展が、藤岡直樹さんの写真展になりました。
額には古い歪みガラスを使い、大工さんに作っていただくことになりました。


anotoki17-ss.jpg

昔あった照明が取り付けられ、写真が展示されました。


anotoki16-s.jpg

展覧会のタイトルは「記憶の彼方」、ライオンビルの再生とも重なります。


anotoki18-s.jpg

このようにして、ライオンビルは生まれ変わりました。

m.m.m