朝の新習慣

R0013464.JPG

早起きはそんなに得意ではありませんでした。
...が、ここのところ朝の新習慣のおかげで実に快調です。

ひとつ、朝のおべんとう作り。
ふたつ、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」
みっつ、家から30〜40分かけて歩く不忍池•上野公園の通勤散歩。

きっかけは、「おひさま」でした。
おひさまの番組紹介文

連続テレビ小説の放送開始から50周年。第84作「おひさま」は、信州・安曇野と松本を舞台に戦争をはさんで、日本人が生き抜いてきた昭和という激動の時代の中で、人々をおひさまのような明るい希望で照らす、ひとりの女性のさわやかな一代記です。私たちの大好きな日本食、そばが人々をつないでいきます。


たまたま見はじめた「おひさま」見たさに早起きするようになり、戦時中をひたむきに生きる
ヒロイン陽子に共感し、母を亡くした陽子が台所で火をおこすところから始まる煮炊きに感動し、
自分もちょっとはがんばらなくては〜と奮起して、おべんとう作りを開始。
せっかく早起きしたついでに朝の散歩をするようになって、その一連の流れすべてが
私の朝の新習慣となりました。

朝の不忍池、まだ小さな蓮の葉が池の水面に顔を出しはじめています。
カモメや鯉や鳩や雀や亀やペリカンやフラミンゴ、毎日元気です。
公園のベンチには思い思いに過ごすひとたちのそれぞれの朝があります。
たくさんのいきものの朝が行き交う様子は、見ていてとても気持ちいいです。

おひさまが放送されている間は、とりあえずこの習慣はつづきそうです。
(その前にテレビ買い替えないと...アナログ...)


2011.6/8 mozuku





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 朝の新習慣

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/675

コメントする

月別 アーカイブ