美意識

newotani.JPG

古代のピラミッドにも
「近頃の若者はだらしない」というような
落書きがあったという話は有名です。

美術の世界も古今東西を問わず、
古典と新派のせめぎあいが常に存在します。
「新しい考え方と表現」がARTなのだとすれば
破壊と創造こそ表現者のあるべき姿勢なのでしょう。

ルネサンスがあり、新古典主義があり、印象派があり、
模倣があり、崇拝があり、異端があり、革命があります。

パリのエッフェル塔も建築当初は
街の景観を損なうとの非難が随分とあったそうです。
ポンピドゥセンターなんかも確かそう・・・。

政治的な根回しの末、他者よりも図抜けて
高い構造の建物を建ててしまったホテルに怒った
当時の京都寺社仏閣の御歴歴たちは
そのホテルに滞在するお客さんたちの参拝を
断るという形で抗議をしたのだそうです。

わかる気がします。

芸大のデザインの授業の一つに
奈良、京都を訪ね「伝統とデザイン」というテーマで
一作品を仕上げるというものがあるそうです。
進化や進歩は止められませんから、
どう折り合いをつけていくかという知恵が
表現者にこそ必要になるんですね。

京都の素晴らしい景色を一望にできるようにと
京都タワーは作られたのだろうな・・・。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
わかっちゃいるけどやめられない。というやつか。アナザデイ 

2009/08/24/niwashi

* アナザデイでは各種撮影に利用できる
ご自宅やお庭、お店などの「撮影用物件」を募集しています。
https://www.another-day.co.jp/blog/2009/08/post-275.html

* アナザデイでは各種撮影シーンに「倉庫」や「カフェ」など
さまざまなスペースをご案内しております。
https://www.another-day.co.jp/space/

* 土日ライオンカフェは撮影業のため、
8月いっぱいはお休みさせていただきます。
https://www.another-day.co.jp/book_cafe/cafe/

月別 アーカイブ