蝉の声

minminzemi0908.JPG

クリエイティブの勉強会のような場面で、
「すぐれた表現力を身につけるために、
どのような勉強をしたらよいでしょうか?」
という類の質問に時折出くわすことがあります。

夏になれば、蝉がそこかしこで鳴いています。
誰にでも、聞こえてきます。
表現者を目指す人が100人いたとすると、
100人に与えられた状況は同じです。
気にとめる人と、とめない人が現れます。
感じるところがあって、表現してみようとする人と、
表現しようとしない人が現れます。
10のトライをする人と100のトライをする人が現れます。
毎日トライする人と時々トライする人とが出てきます。
表現されたものに差が現れてきます。

すぐれた表現者は表現せずにはいられない人なので、
なにを勉強しようかと考える前に
観察して表現している人であります。

閑さや岩にしみ入蝉の声

よく観察して、書いてみること。
あるいは、描いてみること。
これ以外のトレーニングはないと感じます。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
欲望は修練の賜物ではない。ということですか。アナザデイ 

2009/08/12/niwashi

* アナザデイでは各種撮影シーンに「倉庫」や「カフェ」など
さまざまなスペースをご案内しております。
https://www.another-day.co.jp/space/

* 土日ライオンカフェは撮影業のため、
8月いっぱいはお休みさせていただきます。
https://www.another-day.co.jp/book_cafe/cafe/

月別 アーカイブ