プロ論

sadokun.JPG

プロはプロフェッショナルな道具を持っている。
それは素人の持つものとは一線を画す。

プロは高度なスキルを持っている。
わかる、わからない。ではなくて
「できる」ことがプロたる所以である。

そしてプロは前向きなハートを持っている。
くじけない気持ち。立ち直る気持ち。
壁を乗り越える。失敗を恐れない。勇気。
工夫する態度。向上心。行動力。実行力・・・。
すべてポジティブな気持ちがもたらせる。

何で描くか、そして、どう描くか。
それよりも大切な、なぜ描くか。

プロがよりプロであるために
プロが他者よりもすぐれたプロであるたに
求められるのは、気持ちである。
その気持ちが「違い」=「差」になって表れる。

ホームページに載せる写真をもっときれいに撮りたいと
ある日ダルピアットのスタッフさんに質問されました。
そんな気持ちや態度が、「差」になって表れるのですね。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
そしてそれは一事が万事だというのです。アナザデイ 

2009/07/23/niwashi

* 7月25日(土)は隅田川花火大会です。
今年も、アジアンスイーツ「チェー」をやりますよー!
https://www.another-day.co.jp/blog/2008/07/post-65.html

* アナザデイでは各種撮影シーンに「倉庫」や「カフェ」など
さまざまなスペースをご案内しております。
https://www.another-day.co.jp/space/

月別 アーカイブ