夏の終わり

2008_08160027.jpg

アブラゼミが鳴き始め、ミンミンゼミが鳴き出すと夏本番。
で、ツクツクボウシが鳴き始めたら夏はそろそろ終盤だぞという気分。
7年間地中で過ごし、7日間地上で過ごした蝉たちが、
それぞれの仕事をこなし、力尽きて樹上から落ちてくる。
ひと月以上あった、終わりを想像できなかった長い夏休みも
きちんと残り一週間なんてことになり、永く会っていなかった
同級生たちと顔を合わすのがボチボチ楽しみになってくる。

子供の頃は、7年も地中で過ごすなんて、大変だな。
やっと地上に出てきたら、7日間しか生きていられないなんて、
自分だったらいやだな。なんて思っていたけど、
案外一生の大半を静かで平和で穏やかな時間を過ごし、
7日間だけ濃密で充実した時間を過ごして終わるなんていう
蝉の生涯は、実に効率的でゆるぎない時間活用なのかもしれないな。
などと考えてしまう。
蝉の気持ちはわかりませんけどね。

「恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」

芭蕉より、一茶より、この都々逸に一票。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
少しずつ秋の気配がいたします。土日ライオンです。

08/08/26/niwashi

*アナザデイでは一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
https://www.another-day.co.jp/blog/2008/08/post- 70.html
 
*9月の27日(土)28日(日)のイベントは 「Hawaii Hula Ukulele LocoMoco Days」です。ぜひお越しください。 https://www.another-day.co.jp/book_cafe/event/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 夏の終わり

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/260

月別 アーカイブ