赤い夏②

2008_08160001.jpg

またまたソフトボール、上野選手の話。

帰国して、インタビュー攻めですね。
ファンならば彼女の存在も実力もそこに込められた期待も
充分に知っていたことなのでしょうけど、
なにしろあの勝ちっぷりですから・・・。
この金メダルを境に一躍「時の人」といったところでしょうか。

「自分のためならいくらでも妥協できるけど、
人のためだとそれは出来ないじゃないですか」

言えない。思えない。思っていても言えない。言っても出来ない。
単に言葉やその考えが素晴らしい。ということではなくて、
驚くのは、どうしてそう思えるようになるのか。ということ。
どうやって育つと、そうなるのか。ということ。
体が強い。足が速い。・・・確かに。
頑張り屋である。負けず嫌いである。・・・それもある。
百年に一人の逸材である。・・・そうかもしれない。
只それよりも驚嘆すべきはその素直さと謙虚さである。
不の部分、負の部分を認め、見つめ、修正に努力できる素直さと謙虚さが
何よりの才能と感じる。身体的能力が高ければなおさらのことである。
傲慢や慢心や妥協や自己中心はすぐにするりとどこからともなく
心のなかに入り込んできて、棲みついてしまう。
素直になれと教えて、はいそうですか。とそう簡単にはならない。

その昔、雨中の試合の後のグラウンド整備と片付けを
同級生も含んだ控えの選手にまかせてしまって、監督に怒鳴られたことがある。
「あいつらは係りの人ではない。何を勘違いしている。
そんな性根でやっているなら、今すぐやめてしまえ・・・。」
取り返しのできない痛恨の出来事である。

そして、そんな心根はそう簡単に変わることができないことも知っている。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
心技体が大切なのは私たちにもあてはまります。土日ライオンです。

08/08/25/niwashi

*アナザデイでは一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。

https://www.another-day.co.jp/blog/2008/08/post- 70.html
 
*9月の27日(土)28日(日)のイベントは 「Hawaii Hula Ukulele LocoMoco Days」です。ぜひお越しください。 https://www.another-day.co.jp/book_cafe/event/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 赤い夏②

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/259

月別 アーカイブ