夏の白

2008_08140088.jpg

柔道着はその昔は、白と決まっていました。
それがいつからか、白VS青の対決になったのです。
柔道がJUDOになり、ここまで国際化されたからですね。
スポーツ競技として世界的な種目となり、人気を持ち、
注目され、TVでの放映も増えて、見る人にとっては、
どっちが日本で、どっちがキューバかすぐにわかりたい。
効果や有効や技ありや注意や指導がどちらに何点入っているか、
ブラウン管の中で一目瞭然としてわかりたい。
そのためのアイデアなのですね。
最初は日本の御歴歴はそりゃあ反対なさったようですが、
時代の流れ、国際化の流れには逆らえないというヤツで、
こうして青柔道着が定着しているわけです。

もう、見慣れちゃいましたけどね。

百日紅(サルスベリ)といえばその名の通り、紅色が定番でした。
いつのまにか、紫色や白のサルスベリをみかけるようになりました。
華やかな夏の風景です。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
世の中に少しずつ順応していきます。土日ライオンです。

08/08/14/niwashi

*アナザデイでは一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。

https://www.another-day.co.jp/blog/2008/08/post-70.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 夏の白

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/249

月別 アーカイブ