ドーパミン②

2008_06280048.jpg

人はほめられるとうれしくなる。

人はほめられるとドーパミンという
一種の快楽物質が脳から分泌されるのだそうだ。
人はドーパミンをもとめてまた同じ行動を
繰り返すと言う習性があるのだそうだ。
「ほめて育てる」と言うからくりはそこにあるのですね。

宝くじを当てたり、ギャンブルに勝ったりした時にも
ドーパミンは出るのだそうです。
大きな仕事をやり遂げた時や、給料やボーナスがどーんと出た時にも
ドーパミンは出るのだそうです。
そのしくみは、ほめられてドーパミンが出るのと
同じなんだそうです。
報酬の代わりにほめられ攻撃をされても、
ドーパミンを同じように出してしまう脳には
その違いがわからないのかもしれません。
「ほめ殺し」と言うからくりはそこらへんにありそうですね。
「豚もおだてりゃなんとやら」と言うからくりはそこらへんにあるのですね。
(よいしょばかりされているときには注意しましょう)

明日は、どーんと花火です。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
ドーパミン出し合っていきます、土日ライオンです。

08/07/25/庭師

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドーパミン②

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/230

月別 アーカイブ