ドーパミン

2008_06280049.jpg

「あなたにほめられたくて」というと、
最近では「犬の十戒」のほうが有名であるようですが、
私にとっては、高倉健さんの著書の記憶のほうが強いですね。
「男の中の男」の代名詞である健さんがなんとめめしいことを・・・
と言う違和感と逆説がまず立ちのぼり、次いで、
あの健さんでさえ、誰かに「ほめられたくて」生きているんだなぁ。
そうかもしれんなぁ。と言う新鮮な驚きと親しみと共感とが
ないまぜになって心に忍び込んで来たのを憶えています。
(まんまと、タイトルにしてやられてますね)

この仕事も、ちょっとしたことで「だれかにほめられたり」して、
それが、喜びになって、やる気になっていることに気づきます。
仕入れてきたお皿一枚を「いいっすねぇー」とほめられて。
新しく作ったレシピを「おいしっすねぇー」とほめられて。
新しく考えたイベントを「おもしろいっすねぇー」とほめられて。
ちょっとしたスナップ写真を「きれいっすねぇー」とほめられて。

確かにほめられると、うれしいものですよね。

今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
理屈にならない行動理由があります。土日ライオンです。

08/07/24/庭師

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドーパミン

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/229

月別 アーカイブ