花*花

2008_0602.jpg

花に目を奪われるのは、なにも昆虫や鳥だけではない。
花は、人の目もひきつけ、足を止めるチカラを持っている。

LIONビルは、古くからこの浅草の地にありながら、
しばらくの間、何者でもなかった建物でした。
昨年の夏に、まるで廃屋のような建物はリノベーションされ、
スタジオ&ギャラリーとして生まれ変わったわけです。
広告や映画やドラマの撮影で利用される現場を時々目にしても、
詳しい情報は知り得るすべも無く、
近隣の人々にとっては近しい存在とは程遠いままで、
さぁ、カフェを始めるといっても、横目でちらちらと気にされながら、
素通りされるのではないかという心配がありました。

「花屋」という発想は、もちろんビジネスとしても
コーディネーションという取り組みからも成立させたいと考えました。
ただ、それよりもこの「土日ライオン」という場の存在を道行く人に
気がついてもらう格好の存在になるだろうと思ったのです。
そのうえスタッフは、花を通して随分お客様と
コミュニケーションをとっているようで、それは思わぬ収穫でした。

6月ですね。紫陽花の季節です。
今日も、のぞいてくれてありがとうございます。
花もコーヒーもある、土日ライオンです。

08/06/02/庭師

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 花*花

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.another-day.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/72

月別 アーカイブ